komposita / Pixabay

MS&ADインシュアランスグループホールディングス株式会社の主な取り組みや事業の特徴

IT

MS&ADインシュアランスグループホールディングス株式会社は2008年に創業された東証一部上場の持株会社です。設立当時はあいおいニッセイ同和、三井住友海上などの損害保険会社が中心的な役割を果たして経営を行い、現在はあいおい損害保険とニッセイ同和損害保険、三井住友海上グループホールディングスが経営統合をして東京都中央区に本社を置いて活動しています。

MS&ADインシュアランスグループホールディングス株式会社の主な取り組みは、損害保険や生命保険を中心に幅広い保険事業を行うことで、グループのキャッチコピーも新しい保険や今後も進化し続ける保険をモットーにしています。高齢化社会やグローバル化など現代社会を繁栄した保険商品を開発しているのが特徴で、時代のニーズに合わせて個人から法人まで幅広い層に向けた保険を提案しています。

もともと損害保険の分野で業績があったあいおい損害保険株式会社とニッセイ同和損害保険株式会社、三井住友海上グループが共同で事業に取り組んでいるので、ノウハウや顧客のニーズなど各社が持っていた知識を活かしてより魅力的な商品開発に取り組み、伝統的な損害保険や生命保険の商品だけでなく最新のビジネスサポートやデジタル社会のニーズに合わせた保険なども提供しています。

MS&ADインシュアランスグループホールディングス株式会社は日本国内の顧客だけにとどまらず、アジアも視点に入れたグローバルな経営戦略を展開しているのも特徴です。中国やインド、マレーシア、シンガポールなどの保険会社とも資本提携を行い、今後発展が期待されるアジア各地でも早期に土台を築いて事業拡大を目指しています。国内では高齢化社会に合わせて個人年金や相続を念頭に置いた生命保険の販売や、銀行業務と連携した戦略、オンラインバンキングやアプリなどの普及に合わせた通販ビジネスモデルの導入など、環境の変化に合わせた活動を行っています。

グループ全体では国内の損害保険シェアの3分の1を占める巨大企業で、今後も成長が見込まれています。特にアジア各地でのグローバルな活動に力を入れているので経済発展が目覚ましい地域でシェアの拡大が期待されます。MS&ADインシュアランスグループホールディングス株式会社は高齢化や生産人口の減少、自然災害などあらゆる要素に配慮して前向きな経営に取り組んでいて、国内だけに留まらず大きなビジョンで保険業界をリードしている会社です。

コメントを残す