Unsplash / Pixabay

株式会社アブレイズ(代表取締役:大淵裕昭 氏)は通所介護事業所を運営する会社

IT

株式会社アブレイズは静岡県の静岡市清水区の蒲原と富士市厚原に通所介護事業所であるリハビリデイサービスセンターを運営している会社で、リハビリデイサービスセンターかんばらと、リハビリデイサービスセンター富士の2事業所があります。

株式会社アブレイズの代表取締役は大淵裕昭氏、平成2005年2月25日に設立されました。株式会社アブレイズでは、高齢者や障碍者の方が通所をしながら行える、自立生活支援活動が行われています。リハビリを中心とする様々なトレーニングや介護などのサービスが提供されており、利用者だけでなくその家族の介護による負担軽減という目的でも利用される施設です。
素の沿革は、2004年に有限会社訪問看護リハビリステーション大淵が設立され、2008年8月に株式会社アブレイズに社名変更が行われました。そして、リハビリデイサービスセンター大淵が開設され、2010年にはリハビリデイサービスセンター富士が開設、2013年にかんばら事業所が増設されました。

株式会社アブレイズは、地域密着型のリハビリ施設で、2つの事業所では、利用者全員に対して質の高い機能訓練が提供されています。利用者する人が安心して楽しく、充実したリハビリを受けられるように、事業所のスタッフ全員で充実したリハビリサービスを行っている企業です。
2つの事業所でリハビリや介護などを受ける利用者の一日は次のようになっています。まず、朝などに送迎が行われます。送迎は車椅子にも対応できる車で行われ、到着してから一日が始まります。

到着するとまず、個別機能訓練を行います。訓練は一人一人の利用者の方のニーズに合わせ、個別のリハビリとして行われます。リハビリは、経験豊富なリハビリスタッフがついてしっかりとサポートをしてもらいながら行われます。
リハビリのメニューは様々なものがあります。具体的には関節可動域訓練や筋機能回復訓練、マッサージや歩行訓練、日常生活動作指導といったメニューがあって、リハビリは利用者の意志を尊重し、希望に沿った訓練内容として提供されています。
リハビリデイサービスセンターには、国家資格を有する理学療法士や柔道整復師がリハビリスタッフとして常駐し、安定した在宅生活が送れるよう、質の高いリハビリが行われます。

リハビリとして行われるトレーニングは様々な物があります。例えば、レッグエクステンションとよばれる、膝関節周辺の筋力低下の膝の痛みなどに対応するための膝関節周辺の運動訓練は、筋力強化を目的として行われます。また、レッグプレスというトレーニングでは、筋力が特に低下しやすいといわれる膝関節周辺や股関節周辺の筋肉を強化します。
株式会社アブレイズでは、利用者の声を聴くだけでなく、その家族とも連携を取りながら、利用者一人ひとりに合ったサービスが提供されています。株式会社アブレイズでは家族からの介護に関する相談などに丁寧に対応しており、家族の方も安心して送り出せるリハビリや介護サービスを提供することができるように体制が整えられています。相談や質問などを気軽にすることができる雰囲気があるリハビリセンターです。

このように、株式会社アブレイズでは地域密着型のリハビリ施設として、介護ニーズのある高齢者や障害者の方のリハビリ活動等の支援を行ってきた会社です。株式会社アブレイズの2つの事業所では、利用者全員が質の高い機能訓練を受けられるようにリハビリサービスが提供されています。そいて、利用者する人が安心して楽しくリハビリを受けられるよう、スタッフ一同、充実したリハビリサービス支援を行っている会社で、利用者の家族の人も安心して送り出すことができるリハビリや介護サービスが行われている会社です。

コメントを残す