geralt / Pixabay

株式会社三菱ケミカルホールディングスの主な取り組みや事業の特徴

IT

株式会社三菱ケミカルホールディングスは、日本にある持株会社の一つです。
創業は2005年10月3日で、その経緯は三菱グループの化学系メーカーである三菱化学と、三菱ウェルファーマの株式移転によるものでした。
株式会社三菱ケミカルホールディングスの特徴としては、その事業の幅広さにあると言えます。
傘下には三菱化学、田辺三菱製薬、三菱樹脂、三菱レイヨン、生命科学インスティテュート、太陽日酸の6社を抱え、材料系の開発から大型プラントの開発に至るまで、様々な事業を行なっているのです。
株式会社三菱ケミカルホールディングスグループは、グループ全体の戦略査定、資源配分、および経営管理を行なっています。
グループの中核をなすのは三菱化学株式会社です。
これは多種多様な技術や素材、また製品を提供しています。
またグループ唯一の医薬品会社である田辺三菱製薬も、中心的な存在と言えるでしょう。
三菱レイヨンはメチルメタキリレート系の事業においては、世界一の規模を持つ高分子化学メーカーで、日本の化学業界を牽引する役割を担っています。
三菱樹脂の取り組みの幅は広く、情報・エレクトロニクス分野から、建築資材や建築設備機器、また自動車産業に至るまで、様々な事業を行なっています。
アルミ樹脂複合板であるアルポリックなどが、主な製品です。
生命科学インスティテュートは、医療ICT、次世代医療などに取り組み、太陽日酸は産業ガス供給を行なっています。
グループ理念は「Good Chemistry for Tomorrow 人、社会、そして地球環境のより良い関係創るために。」です。
株式会社三菱ケミカルホールディングスは、KAITEKI経営というものへの取り組みを行っています。
これは環境問題や社会問題の解決に貢献する事により、持続可能な社会を築いていくことを目指す経営姿勢です。
この企業の定義する「KAITEKI」とは「時を超え、世代を超え、人と社会、そして地球の心地よさが続く状態」となっています。
このKAITEKI経営は、経営そのものを3つの基軸で捉えています。
その3つの基軸とは「資本の効率化を重視しながら経済的価値向上を追求する経営」、「経済的価値と社会的価値向上に資するイノベーション創出を追求する経営」、「サステナビリティの向上を通して社会的価値向上を追求する経営」です。
これを実践することによって、企業価値を高めて企業の持続可能性を高める努力をしているのです。

コメントを残す