422737 / Pixabay

ガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社の主な取り組みや事業の特徴

IT

ガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社は、主にPCやスマートフォン向けのオンラインゲームを開発、運営を行っている会社です。元々はオンセール株式会社として設立されインターネットオークション事業を行っていましたが、2002年に現在の名称へ変更し、その際PCオンライン事業が創業されました。
社名にもなっているガンホーは熱心な、がむしゃらな、忠誠を尽くすという意味であり、中国語の工和が語源になっています。その後アメリカの海兵隊でこの言葉が広まり、現在では協力して何かをやる際の掛け声として使われています。そんな社名からも分かる通り、ガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社は社員一丸となってユーザーに長く愛される面白いゲーム作りに取り組み、現在も成長を遂げています。
主力事業となっているオンラインゲームですが、そもそも着目するきっかけとなったのはオンラインゲームがエンターテイメントとして成立している韓国を視察し、カルチャーショックを受けたことでした。当時の日本では家庭用ゲーム機が主流であり、オンラインゲームはビジネスとして成り立たないと考えられていました。しかし、そういった世間の見方を打ち破り、日本でも将来的に普及していくと睨んだガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社はオンラインRPGであるラグナロクオンラインのサービスを開始、その狙い通り10年以上ユーザーから愛され続けるヒットコンテンツとなります。新しいことにどんどん挑戦していくスタイルは今でも存在し、業界の常識では考えられないようなことを次々と行っているのが特徴です。
その後、2012年にサービスを開始したパズル&ドラゴンズ、通称パズドラは売り上げランキングで1位を記録するほどの大ヒットとなり、パズルRPGをジャンルとして定着しただけではなく、スマートフォンユーザーの多くがプレイするゲームとなりました。それ以来コンシューマゲームやアニメ化など、多様な展開を見せているのは言うまでもありません。
いくつものヒット作を生み出しながらも、決しておごらずに良いゲームとは何かを考え続け、ユーザーの声を迅速に取り入れられるよう何度も大掛かりなバージョンアップをしているのも特徴の1つです。また、スマートフォンゲームでは珍しく、リアルでのイベントも実施することで、ユーザーに満足してもらえるゲームを作り続けるという姿勢を貫いています。

コメントを残す