StartupStockPhotos / Pixabay

株式会社三菱UFJフィナンシャル・グループの事業内容、特徴

金融

三菱UFJ銀行は日本最大手の金融会社の1つです。その事業を総括している持株会社が、株式会社三菱UFJフィナンシャル・グループになります。株式会社三菱UFJフィナンシャル・グループは三菱UFJ銀行をはじめ、多数の中核会社を軸に金融事業を展開しています。今回は三菱UFJフィナンシャル・グループの特徴や事業内容を詳しくご紹介しましょう。

株式会社三菱UFJフィナンシャル・グループとは

株式会社三菱UFJフィナンシャル・グループは、2001年4月2日に三菱東京フィナンシャル・グループとUFJホールディングスが合併し、株式移動の際に設立されました。合併と経営統合が行われた理由は、UFJ側の不良債権が増えたことで健全な経営が難しくなったことが関わっています。2005年10月1日付けで正式に合併が決まり、グループの名称も現在の社名が使われるようになりました。

そんな株式会社三菱UFJフィナンシャル・グループが中長期的に目指しているのは、「世界に選ばれる、信頼のグローバル金融グループ」です。どんな時代でも世界から信頼される会社となるために、時代の流れを理解し、顧客に対しては真摯な対応と、期待以上のクオリティでサービスを提供し続けることを使命と考えています。

グループ会社について

株式会社三菱UFJフィナンシャル・グループは、国内外で多数のグループ会社を通じて金融事業を展開しています。数多くある中から、中心となるグループ会社の概要と主な事業内容をご紹介しましょう。

三菱UFJ銀行

2006年1月に東京三菱銀行とUFJ銀行が合併して誕生した都市銀行です。業務は多岐に渡りますが、各種預金や譲渡できる定期預金を取り扱う業務や、手形などを扱う貸出業務、国債などの公共債の売買、送金為替や振込み、代金取立、日本銀行の代理店などの事業を行っています。

三菱UFJ信託銀行

経営統合に合わせて三和銀恋とUFJ信託銀行が合併して誕生しました。信託銀行は預金や貸付といった従来の銀行業務に加えて、信託業務と併営業務を行う銀行です。信託銀行は個人や法人の財産を預かり、その財産を管理運営する業務です。金銭以外にも株式などの有価証券や不動産、金銭債権も信託の対象となります。一方、併営業務は不動産の仲介や、証券代行、相続関連の業務が行われます。

三菱UFJ証券ホールディングス

MUFJグループの証券金融持株会社で、2010年4月1日に発足されました。現在、証券事業は三菱UFJモルガン・スタンレー証券株式会社が引き継いでいます。個人や法人の金取引をしており、有価証券の売買やM&Aの仲介などを行う投資銀行です。

三菱UFJリース

ビジネスシーンに合わせてリース・レンタル、環境関連、不動産関連、海外展開支援、ファクタリングなどを総合的に行うリース会社です。業界内では第3位の規模を誇り、三菱商事やMUFJとの連携で土地・建物のリース、PFI事業を取り扱うことを強みとしています。さらに、近年は欧米の航空機リース関連企業を買収したことで、海外収益の高さも強みとなっています。

三菱UFJニコス

元々は日本信用販売として誕生し、UFJ銀行の子会社になった後にUFJカードと合併し、UFJニコスに商号が変わります。主にクレジットカードやローンカード、ギフトカードといったクレジット・信販サービスを提供する会社です。

株式会社三菱UFJフィナンシャル・グループの事業内容

株式会社三菱UFJフィナンシャル・グループは、グループ一体運営を推進する体制となっています。事業本部は顧客との接点のある部なので、日系と非日系、さらには個人・中堅中小企業、大企業と分けて組織を作り、6つの事業本部を設けています。

法人・リーテル事業本部

個人や中堅、中小企業の顧客に向けてサービスを行う事業本部です。住宅ローンや貸出、資産運用、決済などのサービスやソリューションの提案などを通じて、顧客の多様なニーズに応えています。

コーポレートバイキング事業本部

日系大企業に向けてサービスを行う事業本部です。貸出、決済、外国為替のサービス提供を始め、専門性を活用したM&Aや不動産などのソリューション提案を行っています。

グローバルCIB事業本部

グローバル大企業に向けてサービスを行う事業本部です。資金調達やトランザクションバンキング、各種アドバイザリーなどの事業を行っています。

グローバルコマーシャルバイキング事業本部

海外地上の中小法人や個人に金融サービスを提供する事業本部です。出資先のMUFGユニオンバンクなどを介してサービス提供が行われています。

受託財産事業本部

国内外の顧客に向けて、資産管理・資産運用、年金の分野で専門的なコンサルティングを行う事業本部です。他にも運営力や商品開発力の向上の取り組みにも励んでいます。

市場事業本部

顧客ビジネスとトレジャリー業務をメインとした事業本部です。顧客ビジネスでは金利や債権、為替、株式のセールス・トレーディング業務をメインにしています。トレジャリー業務とは、グローバル投資やリスクを制御し、資産と負債のバランスを適正に管理するALM運営などの業務を行っています。

まとめ

株式会社三菱UJFフィナンシャル・グループは、業界内の売上トップクラスを維持する国内最大手の金融会社です。すでにアジアを中心に海外進出も果たしており、世界から信頼される金融機関として前進しています。
グループ会社や各事業本部を通じて、様々なニーズに応えていく金融サービスを提供する努力を重ねており、同時に健全な運営を心掛けている大企業です。

コメントを残す