sigre / Pixabay

株式会社帝国ホテルの主な取り組みや事業の特徴

サービス

たくさんの著名人が宿泊

株式会社帝国ホテルは、東京都、大阪府、長野県、千葉県に直営のホテルを持っています。たくさんの著名人が宿泊しており、一度は泊まってみたい憧れのホテルとして人気があります。明治20年に迎賓館として創業しました。近代国家を目指した当時の日本で、外国人をおもてなしするために作られた迎賓館は、政財界や外国からの要人をもてなしてきました。現在でも、帝国ホテルといえば、ハイクラスで日本国内外でも知名度も高い有名なホテルです。歴史のあるホテルとして、当時から変わらぬおもてなしの心と変えるべきところは変えてゆくというコンセプトで国際的ベストホテルを目指す取り組みをしています。また、ホテル事業だけでなく、館内のレストランやウェディング、物販なども行っています。株式会社帝国ホテルの特徴は、全国に手広くチェーン展開するのではなく、ブランドイメージを保っている点です。そのため、特別なホテルとして今なお日本だけでなく外国からもたくさんの人が訪れます。また、ホテル館内や百貨店、通信販売で購入できるオリジナルの食品を中心にした商品も人気があります。

オンラインショップでの購入が可能なレアなホテル

現在ではオンラインショップでの購入可能です。帝国ホテルは、今では一般的となったバイキングスタイルの食事形態を日本で始めて取り入れています。昭和33年に帝国ホテルで始まったバイキングですが、その名前は当時公開された映画のタイトルから発想されました。それから50年経った2008年8月1日をバイキングの日として制定しています。帝国ホテルグループの株式会社帝国ホテルエンタープライズでは関東を中心にホテル事業とレストラン事業を展開しています。ホテルは帝国ホテルの直営施設と比較すると、リーズナブルでビジネス利用などにも使われます。帝国ホテルグループとしてのホスピタリティを大切にしており、居心地の良さを提供しています。また、レストランは病院の院内レストランやゴルフクラブ内のレストランがあります。帝国ホテルは現在一般的になったホテルでのサービスを日本で始めて行っています。例えばホテルウェディングは1923年にはじめて行われました。日本で始めての本格的な山岳リゾートホテルを長野県で開業しています。東京都や大阪府にある都会的なホテルとは違った趣を味わえるホテルとして現在でもとても人気のあるリゾートホテルです。株式会社帝国ホテルは創業から培ってきたブランドイメージを保ち、更なる発展が見込まれる宿泊事業を引っ張ってゆく企業です。

コメントを残す