Unsplash / Pixabay

東京電力ホールディングス株式会社の主な取り組みや事業の特徴

IT

東京証券取引所第1部上場の、電気・ガス業を業種とする持株会社

東京電力ホールディングス株式会社は、東京証券取引所第1部上場の、電気・ガス業を業種とする持株会社です。
創業は1951年(昭和26年)5月1日で、2015年度までは首都圏1都7県および静岡県の富士川以東を供給・事業区域とする一般電気事業者でした。
この時の商号は東京電力株式会社でしたが、2016年(平成28年)4月1日以前から、家庭用電力の小売り全面自由化を受けて、持株会社体制に移行し商号を現在のものへと改称しました。
東京電力ホールディングス株式会社の特徴的な取り組みは「3E+S」の実現です。
エネルギーの安定供給(Energy security)、経済性(Economy)、環境保全(Environmental conservation)の頭文字である3つのEと、安全確保(Safety)の頭文字Sを調和させることを目標としています。
特に安全性の部分に関しては、東北大震災の際の福島第一原子力発電所事故で、認識不足が露呈してしまったことを受け、自然災害対策の抜本的な見直しを行い、ハード・ソフトの両面からの瀬策を行っています。
また水力・火力・原子力という従来の発電設備に加え、風力・太陽光・地熱などの、いわゆる再生可能エネルギーの発電設備も、東京電力ホールディングス株式会社の積極的な取り組みの一つです。
これはエネルギーの安定供給には欠かせないものだと言えるでしょう。
また経済効率性の向上も、東京電力ホールディングス株式会社に課せられた大きな使命です。
電気事業は経済成長に欠かせない、最も重要なインフラです。
しかし福島第一原子力発電所の事故以降、電気料金は非常に劣悪なものへと変わってしまいました。
そのためにこのホールディングスでは、グループ全体でコスト削減を行なっています。

コスト削減目標の必達が必要

具体的な目標は2013年?2022年までの10年間で、累計5兆円弱のコスト削減です。
コーポレート部門では生産性倍増委員会や調達委員会を中心に構造改革を行い、管理会計の導入や経営資源の管理を行なっています。
このような取り組みの一つ一つは小さなものですが、電気料金を下げるために重要なことです。
また東京電力ホールディングス株式会社には、福島原子力発電所事故の責任があります。
そのために、グループをあげて適切な損害賠償と除染へ取り組んでいます。
特に除染の面では、放射性物質汚染対処特別措置法のような法令に基づき、国や市町村とともに一刻も早い復興を目指し努力を続けています。

コメントを残す