MichaelGaida / Pixabay

株式会社ヨシムラ・フード・ホールディングスの主な取り組みや事業の特徴

サービス

食料品の製造や販売を行なうグループ会社

 

株式会社ヨシムラ・フード・ホールディングスというのは、食料品の製造や販売を行なうグループ会社の経営管理などをするのが主な業務内容となっています。
創業したのは2008年と比較的歴史が新しい企業であり、設立からわずか8年で東証マザーズ市場に上場をした企業でもあります。

株式会社ヨシムラ・フード・ホールディングスの取り組みというのは、優れた商品や優れた技術を持ちながらも市場縮小化や後継者不在などによって経営を続けていくことが困難になった会社をグループ化して、互いに協力させながら利益を伸ばしていこうという事業を行っている企業となります。
株式会社ヨシムラ・フード・ホールディングス自体が食料品などを製造販売をしているのではなく、中小の食品会社をまとめ上げる働きをしているのが大きな特徴となっているのです。

今の時代というのは、単純にいい商品や良いサービスを提供しているからと言って生き残ることができるほどに甘い世界ではありません。
どれだけ優れた商品やサービスが有っても、経営能力がなければ厳しい競争社会を勝ち抜いていくことはできませんが、株式会社ヨシムラ・フード・ホールディングスではその経営に関する部分を行っている企業ということになります。

株式会社ヨシムラ・フード・ホールディングスは誠実なビジネスを行う会社

新しくできた会社ということもあり、日本の商習慣でいい部分はそのまま取り入れ逆に商売をしていくにあたって、悪習だと考えられるものは徹底的に排除していく姿勢を見せ、不合理な商習慣などは是正していく構えを持った企業です。
誠実なビジネスという最も基本的なことを重視していて、全ての顧客に対して公正な取引をして顧客の立場に立って行動をしています。
取引先に対しても不合理な商習慣には従わないものの、対等で公正な取引関係を構築するため従来にありがちな悪いしがらみではなく、理想的なパートナーシップを作り上げることを第一と考えている部分に関しても今の時代らしい経営の仕方といえるでしょう。

そして、顧客や取引先だけでなく従業員に対しても人格や価値観を尊重しあって、対等な立場で接することを目指している企業です。
雇用者と被雇用者の関係というのは、どちらが上というのは本来ないはずですが不況の現代の日本の社会ではどうしても雇われる側が弱い立場になりがちですが、株式会社ヨシムラ・フード・ホールディングスでは、従業員があってこそ会社があるということを理解しているため従業員に対しても大切に扱うようにしているのです。

コメントを残す