tommyzwartjes / Pixabay

ジェイ エフ イー ホールディングス株式会社の主な取り組みや事業の特徴

IT

ジェイ エフ イー ホールディングス株式会社は日本の持株会社の一つです。
東京証券取引所、名古屋証券取引所の第1部に上場し、大手鉄鋼メーカーや大手造船メーカーを傘下に持ちます。
1912年(明治45年)6月8日設立の日本鋼管株式會社(NKK)と、1950年(昭和25年)8月7日設立の川崎製鉄株式会社が、2002年(平成14年)9月26日に経営統合して創業しました。
社名の「JFE」は、日本(Japan)・鉄鋼(鉄の元素記号Fe)・エンジニアリング(Engineering)の頭文字を組み合わせたものです。
また日本を代表する未来志向の企業グループ(Japan Future Enterprise)という意味も持ち合わせています。
ジェイ エフ イー ホールディングス株式会社の事業は、鉄鋼・エンジニアリング・商社の3分野に分かれています。
まず鉄鋼事業ですが、これはJFEスチールという傘下企業が担っています。
世界トップクラスの銑鋼一貫メーカーで、東西に日本最大級の製鉄所をもち、薄板からステンレス、チタンに至るまで幅広い製品が特徴です。
世界有数の技術を持ち、自動車や造船だけでなく、産業機械などの製造に役立てられています。
エンジニアリング事業を請け負うのは、JFEエンジニアリングです。
環境、エネルギー分野で最新技術を提供し、多様な資源を再生可能なクリーンエネルギーとして利用する技術の開発に当たっています。
発電プラントやバイオマスプラント、エネルギープラントが主な製品です。
特にエネルギープラントにおける再生可能エネルギーへの取り組みは、低炭素社会の実現に欠かせないものと言えるでしょう。
ジェイ エフ イー ホールディングス株式会社では、LNG(液化天然ガス)のサテライト基地や受入・払出設備の研究や製造を行なっています。
また快適社会創造の分野では、未来の日本をより住みよい社会にするために、非常に重要な製品の研究を行っています。
生鮮品流通の効率化や、高速仕分けシステムにおける、ジェイ エフ イー ホールディングス株式会社の貢献は非常に大きいものです。
また農業従事者の減少に対応するための、スマートアグリシステムも注目を集めています。
商社事業を請け負うのはJFE商事です。
ここでは鉄鋼製品の取り扱いを中心に行なっています。
鉄鋼原料や非鉄金属、化学品から船舶に至るまで様々な製品の取引が中心です。
そのエリアは国内だけでなく、海外との輸出入に至るまで、幅の広いことが特徴です。

コメントを残す