geralt / Pixabay

株式会社フーマイスターエレクトロニクスの主な取り組みや事業の特徴

サービス

株式会社フーマイスターエレクトロニクスは、1988年3月に創業された商社です。
1992年6月には、全株式を譲受け、現在の形態となっています。
電子部品を幅広く扱う総合商社として、エレクトロニクスの関連企業に向けて、品質の高い製品や、先端技術、付加価値の高いサービスを提供しています。
株式会社フーマイスターエレクトロニクスは、様々な事業を行っており、その取り組みは注目を集めています。
組織力を大切にしているのが特徴で、競争力の基礎となる組織力を磨き続け、エレクトロニクス業界のマイスターの地位を確立できるように努力を続けています。
社名の由来は、会社の前身にあります。
前身の株式会社フーマイスター日本株式会社は、1962年12月にドイツのハンブルグに本社があるフーマイスター&Coによって設立された法人なのです。
フーマイスターというのは、創立者のフーマイスター氏に由来した社名であり、現在でもその名が引き継がれています。
株式会社フーマイスターエレクトロニクスは、電子部品や電子材料、電子機器メーカーの間をつなぐ、重要な役割を担ってきました。
商社の営業スタイルというのは、顧客とのコミュニケーションや商品知識が広く浅くなりがちです。
そのような営業スタイルを見直して、より専門的な深い商品知識によって、深い信頼関係を築き上げ、中国や韓国を中心にした世界的なネットワークを展開しています。
株式会社フーマイスターエレクトロニクスでは、様々な製品を取り扱っています。
半導体事業は、システムLSIやディスクリート、LCDドライバ、特定用途ICなどの半導体を取り扱っています。
顧客の新規開発案件に対しては、FAEがサポートしており、顧客が満足できるように努めています。
電子デバイス事業では、映像や情報メディア関連電子部品を取り扱っており、仕入れ先と顧客との納期の調整において、また在庫管理において中心的な役割を担っているのです。
LDCモジュール事業では、中小型LCDモジュールを取り扱っており、電子材料事業では、様々な電子材料メーカーの電子材料を取り扱っています。
株式会社フーマイスターエレクトロニクスの株式が上場されたのは、2010年9月で、大阪証券所JASDAQ市場に上場しています。
現在の代表取締役社長は、1969年4月にフーマイスター日本株式会社に入社し、1988年3月に代表取締役社長に就任し、現在に至ります。

コメントを残す