geralt / Pixabay

アルフレッサ ホールディングス株式会社の主な取り組みや事業の特徴

サービス

アルフレッサ ホールディングス株式会社は、医療関連事業を中心とする会社です。創業は2003年で、(株)アズウェルと福神(株)が株式移転により設立されました。アルフレッサ ホールディングス株式会社の医療関連事業において、主な取り組みは、医療用医薬品等卸売、セルフメディケーション卸売、医薬品等製造があります。医療用医薬品卸売に関して、文字通り医療用医薬品に加え、診断薬や医療機器などを病院や診療所、調剤薬局などに販売しています。全国の物流センターから各地に配送しています。アルフレッサ ホールディングス株式会社の特徴として挙げられるのが、この流通網に関して、全国各地に子会社が存在するため、広範囲かつ、エリアごとには詳細な物流がなされていることが挙げられます。セルフメディケーション卸売に関して、こちらに関しては、一般用医薬品を中心に、健康食品やサプリメントなど47000にもわたる品目を、全国各地のドラッグストアや薬店に販売しています。ただ卸売をするだけでなく、その店舗の商品構成や陳列等をデータ分析に基づき提案していくようなサポート体制が充実しています。そして、医薬品等製造に関して、精神神経疾患、アレルギー性疾患の医療用医薬品をメインに製造し、また、医療機器としては、外科手術などに用いられる手術用縫合糸も製造しています。さらに、自社製品だけではなく、国内・海外メーカーから依頼を受け、医薬品原薬の受託製造も行っています。これらの取り組みは、すべてヘルスケアコンソーシアムを目指すというグループのヴィジョンに基づき展開、拡充されています。このヘルスケアコンソーシアムとは、医療をはじめ健康に関するサービスを総合的に提供することであるとされています。そのために、アルフレッサ ホールディングス株式会社は、全国各地の様々な医療に関する会社と提携、子会社化することで、その対応できる分野の多様化を図り、対応エリアに関しても拡大しています。現在は日本のみならず、中国やベトナムなどのアジア地域にも進出しており、今後更なる拡大、展開も考えられるでしょう。ある特定の分野に関して、情報蓄積によるアドバンテージをとろうとすると、おおよそ独占企業のような状態でないと難しいでしょう。しかし、アルフレッサ ホールディングス株式会社のように、医療に関して様々な分野に対して、包括的に取り組むことで総合的な情報の蓄積ができ、それがこの会社の強力な強みとなるのではないでしょうか。

コメントを残す