324082 / Pixabay

東宝株式会社の主な取り組みや事業の特徴

IT

東宝株式会社は多くの人が知っているように、映画事業を柱として演劇や不動産などを行っています。
映画や演劇というのは世の中になくても困らないものですが、それだからこそ東宝株式会社は顧客の立場で何事も考え続け多くの人に感動と満足を与えるために取り組みをしています。

東宝人行動基準と言うものが設けられていて、東宝グループ役員・従業員が行なうべき規範があるのも特徴となっています。
コンプライアンスを重視するのはもちろんのこと、会社の文化的公的指名を自覚しているため一人ひとりが社会の役に立っている、立つように行動をすることに対して誇りを持って行動をしています。
IT社会にあるべき行動スタイルというのもすでに基準として設けられていて、インターネット上で発信をするときにはそれが正確であり有意義であることを重視して、良識ある情報を発信するとしています。

従業員の保護にも気を配っており、昨今ではそこで働く人たちを駒のようにしか扱わない企業も少なくありませんが、従業員も広い目で見れば東宝株式会社の大事な顧客ということを理解していることから、安心して働くことができる環境を労働関係法規を守ることを厳守して、従業員に対しても安心を与えることを常としているのも特徴となっています。

創業以来文化の発展に寄与することを大切に考えてきた企業であるため、会社の業務をするにしても文化的に発展をすることを重視して、楽しければいい面白ければいいというのではなく公序良俗に沿う作品を扱うこと大切にしているのが東宝株式会社です。

非常に大きな規模の会社であるためにグループ会社なども多くそうなってくると、どうしても利益優先に走ってしまう傾向というのは強くなってしまいます。
規模が大きくなれば一人ひとりの存在感というのは小さくなってしまいがちであり、つい社会のルールを踏み外して利益を求める方向に走ってしまうことがあります。
東宝株式会社ではそのようなことを絶対に許さずに、どれだけ会社の規模が大きくなろうとも誠実なビジネスをすることを心がけ、誠実さを持ってビジネスを行うからこそ娯楽で人を喜ばせることが可能だと考えています。
顧客を喜ばせるために従業員を泣かせるようなことをしていれば、必ずいつかは顧客からそっぽを向かれてしまうということを知っていますし、娯楽というものを取り扱っているだけにすべての人を喜ばせることを目指してビジネスに取り組んでいるのです。

コメントを残す