markusspiske / Pixabay

株式会社パルマの主な取り組みや事業の特徴

IT

株式会社パルマは、創業が2006年2月という比較的新しい会社です。
日本のセルフストレージ市場は、大きな成長の可能性を秘めています。
株式会社パルマは、日本のセルフストレージ市場において、セルフストレージ業界に向けた画期的なビジネスソリューションサービスを提供してきました。
その結果、パルマのサービスを何らかの形で導入しているセルフストレージ事業者が持つユニット数は、国内市場の6割以上となっているのです。
株式会社パルマは、様々な取り組みを行っており、2013年10月には、予約と料金決済のオンラインシステムであるクラリスをリリースし、運営会社に代わって集約をサポートするシステムの運用もスタートしています。
日本では、土地建物を取得して保有する不動産投資型セルフストレージ施設の需要が増えることが予想されるため、2015年の春から、セルフストレージ施設開発販売事業も始めています。
株式会社パルマは、2015年8月にマザーズ市場へ上場しており、大きな注目を集めました。
株式会社パルマの特徴は、3つのソリューションサービスです。
セルフストレージ向けのビジネスソリューションサービスには、滞納保証付BPOサービスがあります。
ITソリューションサービスには、セルフストレージ事業者に向けたWEB予約決済型施設検索サイトと、WEB予約決済在庫管理システムの運営という2つの業務があります。
WEB予約決済在庫管理システムは、セルフストレージ事業者のホームページに組み込むだけで、在庫管理のオンライン決済が可能になる便利なシステムです。
このシステムを使うことで、セルフストレージの空き状況や、入金状況などが簡単に把握できます。
WEB予約決済型施設検索サイトは、ホテルの予約サイトのように検索することができ、予約決済も即時にできます。
面倒な在庫調整を代行することで実現したサービスで、様々なメディアで紹介されています。
TKSサービスは、セルフストレージ向けのターンキーソリューションサービスです。
セルフストレージに改装することが可能な施設を不動産仲介して、セルフストレージにコンバージョンした後、運営を受託します。
または、土地を購入後、セルフストレージを開発販売して、運営を受託します。
現在では、ほとんどのセルフストレージ施設が、土地と建物を賃借しています。
今後は、不動産として施設を保有するというセルフストレージ事業が拡大する可能性があるため、セルフストレージビジネスに新しく参入する人に向けて、施設の仲介から開業までを支援しています。

コメントを残す