mploscar / Pixabay

ユナイテッド・スーパーマーケット・ホールディングス株式会社の主な取り組みや事業の特徴

IT

ユナイテッド・スーパーマーケット・ホールディングス株式会社は2015年に関東地方の大手スーパーマーケット3社が合併して創業した会社です。3社の内訳は、創業100年以上の歴史を誇り国内最大規模の売り上げを誇っているマルエツと、茨城県に本社があり北関東でシェアの大きいカスミ、関東地方でイオングループのスーパーマーケット事業を展開して地域密着型の経営を行っているマックスバリュ関東で、合併により関東を中心として今までにない幅広い取り組みができるようになりました。

ユナイテッド・スーパーマーケット・ホールディングス株式会社の特徴は、「首都圏のスーパーマーケット連合」と言われていて業界シェアの大きい大手3社が共同で事業に取り組むことによって流通のシステム化やプライベートブランドの充実、商品開発、店舗の改装や拡大から本社機能の集約まで全てを効率よく行えるようになり、魅力的な店舗作りや新商品の企画を行っていることです。既に関東地方で実績のあるスーパーマーケットばかりなので、地域に密着した営業やエリアに特化した商品の投入、その地区で特に需要がある製品の販売など全国展開の大手スーパーマーケットや海外資本の会社にはできない経営を目指しているのが特徴です。

地元の消費者のニーズに応えられるような取り組みを行い、関東地方の農家で栽培された農業製品を積極的に販売したり、関東の消費者の味覚に合うようなお惣菜の開発、毎日足を運びやすいように駐車場や駐輪場が整備されていたり、バリアフリーになっている店舗を増やすなど顧客の目線で考えた経営をモットーにしています。ユナイテッド・スーパーマーケット・ホールディングス株式会社は一都六県でグループ店舗数が500店以上あり、特に東京都、千葉県、茨城県、埼玉県では地元で愛されているスーパーマーケットとして定評があります。日々の食品の買い出しや日用品が何でも手に入る店として気軽に通える雰囲気作りや魅力的な価格、季節ごとに旬の食材を販売したりイベントに合わせた店内のデコレーション、試食や試飲の機会を増やすなど、顧客が来店したくなる店舗作りを全店で統一しています。すでにスーパーマーケットの経営で実績のある3社が共同で設立した持株会社なのではっきりしたビジョンがあり、今後も店舗数の拡大やプライベートブランドの充実、バリアフリーや省エネなど新たな事業に取り組んでいく姿勢を持っています。

コメントを残す