geralt / Pixabay

株式会社インプレスホールディングスの主な取り組みや事業の特徴

IT

株式会社インプレスホールディングスはコンピュータ関係の雑誌、書籍の出版で知られる、日本のメディア企業です。
主力は、コンピューター及びインターネット関係の雑誌及び「できるシリーズ」などの解説書などのIT分野の出版です。
創業者はIT企業で知られるアスキーの共同創業者でもあります。
創業は1992年にさかのぼり、株式会社インプレスを設立後に株式会社インプレス、音楽出版で知られる株式会社リットーミュージック、グラフィックデザイン関係出版で知られる株式会社エムディエヌコーポレーション、電子工作及び音響関係出版で知られる株式会社ラジオ技術社の4社でインプレスグループが設立されました。
その後も幅広いジャンルで子会社化、グループ化を取り組みを進めました。主だったところで、登山関係出版で知られる株式会社山と溪谷社や理工学出版で知られる株式会社 近代科学社などの出版関係企業を傘下におさめ、総合的なメディア企業の位置を確立されました。
ここまでに取り上げた事業展開は、株式会社インプレスホールディングス主力である出版関係にとどまるものですが、他分野にも事業を展開されています。
そのひとつが、オンラインソフトウエアの紹介を行う窓の杜です。皆様もオンラインソフトウェアの検索、ダウンロードなどで利用されたことがあるのではないでしょうか。
もうひとつが、企業向けのIT関連サービスです。前述の事業は主に個人向けであったのに対して、その企業版ともいうべきサービスを運営されています。
情報システムリーダーのためのIT情報専門サイト であるIT Leadersをはじめ、Web担当者向けのWeb担当者Forum、 インフラ・システム開発・運用管理から業務アプリ紹介、関連資格取得のサポートまで行うという実務的なポータルサイトで「Think IT」、 企業向けのIT製品比較サイト「Find-IT」などです。
いずれのポータルサイトも情報量は多様かつ豊富で、IT関連の出版を多く手がけられた企業だからこそといった内容です。
パーソナルコンピューターの普及時期から主に個人向けにソフトウェアの解説本で評判と信用を得られ、その出版手腕を音楽、電子工作、グラフィックデザイン、登山といったジャンルに幅を広げること、またコンピューター関係出版で蓄積したノウハウや事業手腕をポータルサイト運営へと幅を広げる取り組みこそが株式会社インプレスホールディングスの特徴です。

コメントを残す