quinntheislander / Pixabay

株式会社中央経済社ホールディングスの主な取り組みや事業の特徴

IT

株式会社中央経済社ホールディングスは、出版社グループの持株会社です。
こちらの企業の事業の特徴は、会計学の分野に出版物の重点を置いているという点にあります。
大学や大学院において使用されている会計学の教科書には、株式会社中央経済社ホールディングスの書籍が多く用いられています。
他にも日本商工会議所主催の簿記検定試験や、税理士・公認会計士などの会計分野の国家試験対策の参考書のような、会計学をこれから学ぶ人のための入門書から、専門家向けの法規集や雑誌なども多数出版しています。
加えて、インターネットによる通信教育であるeラーニングへの取り組みも、近年では積極的に行なっています。
こちらの企業は1948年10月に株式会社中央経済社として創業しました。
1997年6月のは株式を店頭登録し、2016年1月に株式会社中央経済社が持株会社体制に移行し、株式会社中央経済社ホールディングスとなりました。
社是には「わが社は、社会科学文化の伝承者たることを自負し」とあり、時代の流れに沿った出版活動を行なっています。
先ほども述べた通り特徴的に会計学に強いですが、一口に会計学と言っても多岐に渡るラインナップが揃えられているのは、こちらの出版社の強みと言えるでしょう。
会計学総論、会計原則等諸基準、簿記や財務会計など、確かな情報が掲載されていることから人気を集めています。
雑誌においても、企業会計や経理情報、税務弘報など、会社経営などにおいて重要な情報を掲載した出版物が多いです。
企業の重役や経営戦略担当は頻繁に目を通している方も珍しくありません。
株式会社中央経済社ホールディングスは、税の窓というサイトを運営しています。
これは税に関する最新のニュースや、書籍の追録、あるいは訂正を紹介しています。
株式会社中央経済社ホールディングスは税務手帳というものを販売しています。
こちらの特徴は、確定申告期日や源泉所得税などの納付日など、税務手続きを収録していることです。
また税務手帳にはアプリ版もあります。
これは解説ページを電子書籍形式にすることで読みやすくしてあります。
また国税庁タックスアンサーなどへの関連リンクが充実しているので、調べたい項目を手軽に、より深く検索することが可能となっています。
加えて毎月の税務手続きをカレンダーにインサートすることができますし、税の窓サイトへの直接リンクもありますので、最新の情報を知ることも可能です。

コメントを残す