Pexels / Pixabay

アークランドサービスホールディングス株式会社の主な取り組みや事業の特徴

サービス

アークランドサービスホールディングス株式会社は創業が平成5年と比較的新しい企業ではあるものの、カツ丼専門店のかつやを直営していて全国的にも知名度の高い企業となっています。
飲食店の大元の企業というのは、企業名よりも店名のほうが有名だということも多く、アークランドサービスホールディングス株式会社という名前は知らなくてもかつやを知っているという人も多いのではないでしょうか。

かつやを筆頭として飲食の小売をしていて、多くの人にとって馴染みある企業というのが特徴となっています。
企業理念としては一時的な売上や利益にとらわれることなく、継続して利益を得ることを重視しています。
これは商売の基本でありますが、不況の今の時代はどうしても目先のお金を重視したくなる傾向にあり、実際に目先の利益に飛びついて将来性を潰してしまうような企業も少なくありません。
しかし、アークランドサービスホールディングス株式会社では永劫繁栄の理念を持っているので、継続的に顧客を増やし続けることを目標としています。

成果主義を理念としている企業でもあり、最近でこそ成果主義を重視するという企業は増えてきましたが、アークランドサービスホールディングス株式会社では古くから成果主義の取り組みをしてきました。
成果を上げたものはそれだけの見返りを受けるのが当然という考えがあるため、成果を上げた人間が正当に評価をされることを理念としています。

少数精鋭というのも企業理念のひとつであり、企業というのは大きくなるに連れて人が増え統率をとることが難しくなってきます。
また、人が多くなれば責任が分散し一人ひとりの責任感が薄れてしまいますが、少数精鋭にすることにより責任感を持つことができ、互いに尊重しあいあるいは牽制しあって切磋琢磨することができるため、少数精鋭を企業理念としています。

最後に不可能と思うことを可能にする挑戦というものがあり、今の時代はリスクを恐れてなんでも不可能だと判断をしてしまいがちですが、事業をしていく上でリスクをとらないというのも大きなリスクとなって後に降り掛かってくることもあります。
そのため、アークランドサービスホールディングス株式会社では積極的に不可能と思うようなことであっても挑戦をしていく姿勢を見せ、他にはない価値の提供に向けて挑戦をしつづけています。

事業内容としてはありふれた業種であるため、高い企業理念を持って事業に挑んでいる会社です。

コメントを残す