MichaelGaida / Pixabay

マネックスグループ株式会社の主な取り組みや事業の特徴

IT

マネックスグループ株式会社は、東京都千代田区麹町に本店を置く日本の企業です。
証券・商品先物取引業という業種で、株取引をはじめとする各種の投資をしている方であれば、マネックスという名はご存知でしょう。
インターネット証券会社のマネックス証券や投資銀行であるマネックス・ハンブレクトなどを主要子会社としています。
2004年の創業と比較的新しい企業ですが、現在では数あるネット証券グループの中でも確固たる地位を確立しています。

設立当時は、松本大氏とソニーの共同出資で創業したマネックス証券株式会社と、日興コーディアルグループの子会社の日興ビーンズ証券株式会社を経営統合するために、共同株式移転で設立された持株会社(当時はマネックス・ビーンズ・ホールディングス株式会社)です。
これゆえ主力事業は証券子会社のマネックス証券となっています。
現在は松本氏が代表執行役社長を務めています。
また、マネックスグループ株式会社自身も上場しています。
2004年の創業当時は東証マザーズでしたが、翌年に東証1部へ上場しています。

マネックスグループ株式会社の取り組みとして、大きな柱が4つあります。
1.日本におけるオンライン証券ビジネス
2.米国・欧州におけるオンライン証券ビジネス
3.中国・香港におけるオンライン証券ビジネス
4.グローバルなFXビジネス

1.〜3.では、TradeStationの技術を使った、アクティブ・トレーダー向けの株売買ツールの提供の開始を受けて、大幅な取引の質の向上とそれに伴うコストの削減が図られています。
特に、これから急速な拡大が見込める中国においては、戦略的重要拠点と位置付けて展開に注力しています。
4.では、IBFX社の買収に伴い、一営業日当たりのFX売買金額が世界的規模にまで成長しています。
特に、グローバル化するFX事業では多国籍化する顧客のニーズに対応する為に、コールセンターの充実などこれからも充実度が増していくことが予想されます。
いずれも、オンラインによる証券ビジネスを中心に展開している点に、マネックスグループ株式会社の特徴がみられます。

多様化する証券業界の中にあって、革新的な試みを絶えず行っている証券グループがマネックスグループ株式会社です。
それぞれの企業が連携しあい、最新の技術の研究とその技術水準の向上に昼夜努力を惜しむことはありません。
今後も、その一挙手一投足が注目される企業です。

コメントを残す