janjf93 / Pixabay

メディアスホールディングス株式会社の主な取り組みや事業の特徴

IT

メディアスホールディングス株式会社は、1952年1月に創業され、1959年7月に設立された会社です。
メディアスホールディングス株式会社の主な事業は、医療機器や福祉機器の販売です。
地域で活動を行っている様々な医療機関や福祉施設へ向けて医療機器や福祉機器を販売することで、多くの人々の健康に貢献しています。
日本では、少子高齢化社会が進み、医療制度も介護制度も大きく変わってきています。
メディアスホールディングス株式会社では、高品質で安全な物流体制を構築し、医療機器や福祉機器を安く提供できる販売体制の構築を目指しています。
そのため、メディアスホールディングス株式会社では、特徴ある様々な取り組みを行っています。
販売員の販売力を磨くため、社内LANを活用して情報を共有化し、提案力の強化を図っています。
日本では、2005年4月の薬事法改正にともなって、医療機器の安全性の確保が強化されています。
グループでは、独自に開発した物流システムを活かして、医療機器の安全性を確保しています。
また、業務の効率化も図っています。
メディアスホールディングス株式会社の基幹事業が、医療機器販売です。
国内の医療機器メーカーや代理店、商社などから仕入れた医療機器を、病院などの医療施設に販売しています。
検査や治療を迅速に正確に行うための先端医療機器や、消耗品、事務機器など、薬品以外はほぼカバーしています。
また、販売した医療機器の修理やアフターサービス、医療機器全般のメンテナンスも行っています。
メンテナンス事業は、安定した収益を上げています。
介護福祉機器の販売とレンタル事業では、国内の介護福祉機器メーカーや代理店、商社などから仕入れた介護福祉機器を、病院や個人に販売しています。
さらに、介護福祉機器のレンタルも行っています。
グループ企業では、医療機関へのMORISSシステムの導入を行っています。
MORISSは、医師や手術室を担当している看護師、医療機器ディーラーである営業担当者の手術情報の共有ができる手術室情報管理システムです。
MORISSによって、手術の準備におけるリスクを軽減し、物品管理のミスを防ぎ、業務効率の向上と安全な医療の提供が可能となっています。
このシステムは、首都圏や関東エリアの医療機関には2014年7月から提供しており、東海エリアの医療機関へは2016年7月から提供しています。
日本では、医療構造の改革が進み、医療機器販売業界再編の波が押し寄せているため、メディアスホールディングスではM&Aを積極的に推進し、業務内容の拡大を図っています。

コメントを残す