StartupStockPhotos / Pixabay

株式会社ブリヂストンの主な取り組みや事業の特徴

IT

株式会社ブリヂストンは最高の品質で社会に貢献をするという理念を持ち、実際にその通りの活動を行っていて一躍世界でもトップクラスのタイヤメーカーとなった企業となっています。
株式会社ブリヂストンでは、様々な事業を行っていますが柱となるのがタイヤの製造販売であり人の命を預ける大事な道具であるだけに高品質さがもとめられます。
そこに株式会社ブリヂストンの理念が加わったことで、高品質で信頼性の高いタイヤが完成し世界中で高い評価を得ています。
タイヤだけでなくスポーツ用品の評価が高く特にゴルフ用品は、高品質で多くのゴルファーから愛される製品を数多く排出しています。

ブリヂストンという社名の由来はちょっとした雑学知識として取り上げられることも多いものとなっていて、創業者の名字が石橋であったため、それを英語にしてひっくり返しブリヂストンになったという話は有名です。
また、それだけでなくその当時はファイアストンというタイヤメーカーが世界的にも高い評価を得ていたため、それにもちなんでブリヂストンという社名がついたとされています。

安全に関わる商品を販売している企業らしく、社会貢献の取り組みに関しても安全を意識させるものが多いのが特徴となっています。
車というのはお金がかかるものであるだけに、少しでも維持費を安くしたいという人は多くそのためタイヤに関しても粗悪なものを使用している人は少なくありません。
株式会社ブリヂストンでは安全性に対する啓蒙活動のために、タイヤが安全性に対してどれだけ重要な意味を持っているのかということを広めるために、セーフティー体験を行っています。

次に環境面からの社会貢献にも取り組んでおり、タイヤというのは環境破壊につながる車と密接につながっているだけに、少しでも環境を守っていこうという姿勢は車に関係が深いタイヤメーカーらしい取り組みだといえます。
地域特有の課題を解消するべく貢献活動も行っていて、世界トップクラスの大手だけあって様々な取り組みをしているのも特徴です。

このように株式会社ブリヂストンというのは、タイヤという身近でありながらも普通の人にとってはあまり馴染みのない製品を製造販売している企業ですが、高品質を追求したことで世界的に認められる企業となりました。
どこの国でも作っているタイヤという製品で、品質を追い求めて巨大企業にのし上がったのはまさに日本らしい企業だといえるでしょう。

コメントを残す