bykst / Pixabay

JFEコンテイナー株式会社の主な取り組みや事業の特徴

IT

JFEコンテイナー株式会社は、産業用容器を製造メーカーです。
2003年4月に川崎コンテイナー(創業1961年創業)と鋼管ドラム(1961年創業)の合併により発足しました。
一言でドラム缶と言ってもその種類は多くなっていますが、主にガソリンなどの燃料、溶剤などの化学薬品、インクや塗料、医療用原料や工業用原料などを入れるドラム缶製造事業を手がけています。
JFEコンテイナー株式会社の特徴は、国内最大手のドラム缶メーカーであることです。
例えば、エネルギー輸入大国日本で欠かせない天然ガスを運搬するための高圧ガス容器製造にも強みを持っており、将来期待される水素運搬にも対応しているなど、産業社会に必要不可欠なメーカーです。
石油・化学業界で欠かせない高品質・高耐久のドラム缶製造を通して社会の発展を支えており、我々の生活になくてはならない縁の下の力持ちといえるでしょう。
JFEコンテイナー株式会社は国内市場だけに満足するのではなく、海外市場にも広く目を向けています。
急速に成長する中国市場にいち早くアプローチして製造拠点を設けており、市場のニーズをつかむ積極的な経営姿勢も特徴の一つと言えるでしょう。
金属を使用したドラム缶製造は、労働災害リスクを伴うため安全対策が欠かせません。
そのため、JFEコンテイナー株式会社は、ドラム缶業界を主導する形で安全に対する取り組みを強化しています。
特に製造施設で起こりやすい事故や作業の種類別、職務経験年数など具体的なデータを収集しており、どんな作業でどのような事故が起こりやすく、どの作業員が事故に巻き込まれやすいかなどの事例を元にゼロ労働災害の達成を目指しているのです。
これ以外にも環境負荷を減らす取り組みが知られています。
具体的にはワインレッドカラーやクリームカラーのドラム缶の塗料を類似の色に変更することで、塗料の使用を減少させており、塗料に含まれている揮発性有機化合物の低減を実現しました。
さらに国内で流通しているドラム缶のリサイクル率の向上、ドラム缶製造で生じるエネルギー節約、排水や大気汚染の軽減、鉄資源のリデュースなどの業界をリードする取り組みに力を入れています。
JFEコンテイナー株式会社食は、薬品や医薬品から産業用燃料、産業廃棄物まで多彩なドラム缶を扱っており、アジア最強の産業用容器メーカーとして、より良い産業社会と環境負荷の低減、作業員の安全に対して積極的に取り組みます。

コメントを残す