PeteLinforth / Pixabay

ピジョン株式会社の主な取り組みや事業の特徴

IT

ピジョン株式会社は1957年(昭和32年)8月に設立されました。育児用品、マタニティ用品のほか、現在ではホームヘルスケアや介護用品等の製造、販売および輸出入を行っています。また、社是に「愛を生むは愛のみ」をかかげ、社会活動にも取り組み、力を入れています。
ピジョン株式会社は創業当時「株式会社ピジョン哺乳器本舗」という名前で、その名の通り哺乳瓶を主に扱う会社でした。ピジョンとは鳩のことで、平和の象徴であること、また鳥類には珍しく「ピジョンミルク」と言われる分泌物を与えるということをふまえ、平和で豊かな社会を願う、子どもたちの健やかな育成という願いをこめて事業をするよう社名となりました。当時、哺乳瓶は外国からの輸入品がほとんどであり、また乳首部分も粗雑であったことから、創業者である沖田祐一氏は母親たちの乳首を実際に吸わせてもらい理想の哺乳瓶を作った逸話は「おっぱい行脚」として伝説となっています。それまで「もらい乳」が一般的であった時代から、一気に哺乳瓶による育児へと変わり、乳児の栄養状態も改善していきました。
ピジョン株式会社の特徴は、創業当時から続く哺乳研究や、子育てに関する「困ったところに手が届く」商品を生み出している点です。今では当たり前にある「持ち手のついた哺乳容器」は革命的で、発売された1982年以降育児用品の定番となりました。哺乳瓶の開発・改良に力を入れると同時に、母乳育児を推進する活動にも力を入れています。
育児用品の開発・販売の延長として子育て支援事業も推進しています。事業所に開設されている保育施設の運営や幼児施設の運営を展開中です。また、ベビー用品で培ったノウハウをもとに、ヘルスケア・介護事業にも活動を広げています。
取り扱っている商品の主なものをあげると、
ベビー関連用品:哺乳瓶・乳首、ベビーフード(月齢別離乳食、おやつ)、スキンケア商品、衛生商品(お尻拭き)、ベビー用洗剤、乳母車、ベビートイ、ベビー用医薬品
ママ関連用品:サプリメント(葉酸・カルシウム・鉄分等)、マタニティインナー、母乳関連商品(母乳パッド、さく乳用品)
介護用品:大人用紙おむつ、尿取りパッド、車いす
などがあげられます。
また、近年では海外にも事業を展開し、確かな商品力やジャパンブランドというイメージ、中国の富裕層からの希求力もあいまってピジョンブランドは広がりを見せています。安心・安全、高品質を日本国内で実現してきたブランド力がグローバルに展開されようとしています。

コメントを残す