年商50億にまでなったキヨウシステム(グループ)の代表、関井圭一の人物像は?

年商50億にまでなったキヨウシステム(グループ)の代表、関井圭一の人物像は? 人材

人材紹介を中心に行ってきたキヨウシステム(グループ)は、効率よく人材派遣を低コストで調達できるかを考えている会社です。そして、キヨウシステム(グループ)の代表である関井圭一氏は、会社を年商50億にまで育てた敏腕を持っていることが分かります。

関井圭一の人物像にポイントを当てながら株式会社キヨウグループの概要についても紹介していきます。

関井圭一の経歴

株式会社キヨウシステム(グループ)の代表者である関井圭一氏は、どのような人物でしょうか?関井圭一氏の経歴についてみていきましょう。

関井圭一氏は、大坂市八尾市で誕生しました。平成2年に大坂経済法科大学卒業後、翌年株式会社アトミックに入社します。社会人として経験を重ねた後、平成6年の5月には自身が創設者となり株式会社キヨウシステムを設立しました。2007年には年商50億円という数字を達成し、令和2年の5月にキヨウシステムから社名をキヨウグループに変更して現在に至ります。

このような大きな結果を残したことから、どのような人物なのかますます知りたくなると思います。実は関井圭一氏自身、幼少期からいつか経営者や起業してみたいという気持ちを持っていたと言います。何歳から意識していたのかははっきりとわかりませんが、関井圭一氏はモンテッソーリ教育を受けたのではないかとも推測できます。

このモンテッソーリ教育とは、子どものやりたいという意志を尊重させ、興味のあったものを徹底的にさせるものです。特に重要なポイントは、子どものやりたい遊び(仕事)の時間を決めることや大人が指導するのではなく、子どものやってみたいという気持ちを尊重しながら、できるようになりたい気持ちを伸ばしていくいことです。好奇心から始まったものを自分でやり抜くことで、個性をより伸ばしていくのがポイントです。世界でもビル・ゲイツやラリー・ペイジ、マーク・ザッカーバーグなどもこの教育法だったと言われています。

関井圭一の人物像、仕事への想いとは?

幼少期から経営者を志していた関井圭一氏はどのような人物像なのか、また仕事に対してどのような想いを抱いているのでしょうか?

関井圭一氏は幼少期から起業について考えていたため、将来の夢を聞かれた時も社長と答えていたようです。子ども時代や学生時代はバスケットボールに夢中になっていたようで、スポーツを通じて努力を実らせたり、やり抜く力を身に付けていたりしたと考えられます。大人になった現在では、バスケットボールからゴルフにシフトチェンジしたようですが、常にスポーツを通じてやり抜く力を得ているのではないでしょうか。

そんなスポーツを楽しむ関井圭一氏ですが、読書も好きだったようです。特に印象に残っている書籍はナポレオン・ヒルの「成功哲学」、デール・カーネギーの「人を動かす」と「道は開ける」としています。成功哲学提唱者であるナポレオン・ヒルは、20年という時間をかけて成功哲学を完成させた人物です。いくつかの法則があり、この法則が成功のきっかけになるなど、成功者になるための内容が「成功哲学」には記載されています。

デール・カーネギーも自己啓発に関して偉人とされている人物で、著書は世界的なベストセラーを記録しています。デール・カーネギーの著書では日常で忘れがちなことを見つめ直すような言葉が記載されていたり、考え方1つで楽になれる方法があったりと、見え方や感じ方で気持ちが変わる大切さを記している一冊です。

関井圭一氏は、このような世界的な偉人と呼ばれる人の本が特に好きで興味を持っていたようです。このことから、自己啓発や成功哲学など自分自身の高め方に興味があることが分かります。また、関井圭一氏の人物像をみると、仕事への想いを持っていると思う部分がいくつもあります。それは関井圭一氏の考え方です。

本来、自分自身が経営者となれば仕事に対して真剣に考える人物を採用すると思います。しかし、関井圭一氏は「仕事を簡単に考えることが勝ち」だとしているのです。関井圭一氏は、自身が上からうるさく言われることが苦手で、仕事よりも遊びという典型的なタイプだったようです。そこで仕事について難しく考えることなく、これから頑張ろうという気持ちに変えたところ、急に成績が良くなったようです。

これまで仕事という部分にプレッシャーや行き過ぎた気持ちを抱えがちでしたが、楽しむということをポイントにしてよくなったと感じました。それは自分自身が代表者になっても同じで、常に全力で楽しみながら挑むようにしているとしています。

株式会社キヨウグループの概要

社名 株式会社キヨウグループ
代表者 関井圭一
所在地 大阪府大阪市北区大淀南1-9-16 山彦ビル501

ウェブサイト http://kiyougroup.jp/
設立 1994年5月12日
従業員数 20名(アルバイト従業員含む)
事業内容 求人メディア運営事業、有料職業紹介事業

関井圭一氏が代表を務める株式会社キヨウグループは、大阪府で求人メディアの運営事業や有料職業の紹介を中心に行っている企業です。平成9年に株式会社輝世システムから新たに株式会社キヨウシステムに変更しました。以前は人材派遣事業を中心に行っていましたが、平成25年に業務を終了して新たな求人メディアの運営を開始しています。

人材調達について低コストで効率的に調達できるように独自の紹介システムを取り入れ、多くの人材を紹介しています。求人メディアの運営に関しては、求職者とマッチングが成功した場合のみ成功報酬をもらう形を採用し、採用課金型を取り入れているのが特徴です。

このことから企業の広告費減少が期待できるだけでなく、多種多様な人材確保が可能となります。株式会社キヨウグループの求人広告サイトは、雇用形態にもとらわれることなく掲載を行い、どのようなタイプの求人にも対応しているため求人者と企業側にもメリットがあります。

まとめ

関井圭一氏は、幼少期から社長になると考えていた人物であり、ナポレオン・ヒルやデール・カーネギーなどの書籍を読んで自己啓発や成功者への道を考えていたことが分かります。また仕事に対して楽しむ気持ちがあれば、難しく考える必要がないとしています。このことから、柔軟な考え方のできる経営者であることも分かりました。

今後も株式会社キヨウグループはますます発展していく可能性があるので、動向に注目していきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました